浄土真宗親鸞会 茨城・栃木

   トップ  法話のご案内  お問い合わせ  リンク集


  <親鸞聖人と田植え歌>


 親鸞聖人は、40歳過ぎから60歳過ぎまでの約20年間、関東(今の茨城県を中心とした地域)で精力的に布教活動をされました。

 ある日、親鸞聖人が布教に行かれると、村人たちは田植えにいそしみ、一向に仏教を聞こうとしませんでした。

 そこで親鸞聖人は、自ら田んぼに入り、田植えを手伝われながら歌を歌われました。


  五劫思惟の苗代に  兆載永劫のしろをして  雑行自力の草をとり  一念帰命の種おろし

  念々相続の水流し  往生の秋になりぬれば  実りを見るこそうれしけれ


 これが有名な親鸞聖人の田植え歌です。

 親鸞聖人は、村人たちの仏縁を念じ、なんとか阿弥陀仏の御心をお伝えしようと、この歌を歌われたのです。





  ※photo by(c)Tomo.Yun